親にスマホ・アイパッドの使い方を教えるの巻。

スポンサーリンク

こんにちは、bumeeshaです。

日本と時差マイナス17時間の地域に住む私。

距離も遠ければ時差もかなり違いがありますね〜。

友達はアメリカかぁ、遠いよね〜というけれど、意外と本人は遠いと思っていない(^ ^)

だって、飛行機に乗ればあっという間よ。

10時間後には、もぅ国は超えて日本にいるんだから。

そんな私は、遠距離にも関わらず親にスマホアイパッドの使い方を教えています(*^▽^*)

 

もちろん帰省した際にも操作方法を伝授するのですが、アップデートやらなんやらで使い方が少々変更してしまう時もあるので、その都度対応。

もちろん、国内にいる兄弟・姉妹にも親に使い方を教えてあげてと頼むけれど、なかなか子育てや仕事やら忙しくて実家に行けない。

そこで私の出番٩(^‿^)۶

 

元来、人に操作方法を教えるのが上手と言われるワタシ。

近所の人や、職場のおばちゃんやおじちゃんからも、「これ、どうやってやるの?」「住所登録はどうしたら良いの?」等、質問されることが多かったです。

娘に(又は息子に)聞いても、面倒くさがったり、怒り始めるので質問しにくいと言って私に聞いてくるんですよね。

中高年の方、又はもっとご年配の方もいらっしゃる。

なので、なるべく簡単に噛み砕いで説明します。

 

だって、覚えようとする姿勢が、

 

立派ですよ〜👏👏👏

 

連絡取りたい!使えるようになりたい!と思うからこそ、学ぶ意欲が出るんだよね。

世の中の娘さん。息子さん。

どうぞ、あまり怒らないで教えてあげて下さいね╰(*´︶`*)╯

 

さて、ナゼだか?なかなか写真を添付することが苦手な私の親は、それはもぅ苦労しながら教えました。

あまり怒らないで教えてあげて下さいね、な〜んて言ってるワタシも、少子口調が強くなるコトもあり反省。

そんな時は、ごめんねと伝え、冗談を言って空気を和らげ根気よく続けました。

 

そして、そして。よーーーーーーぅやっと写真を送れるようになったんです!

拍手喝采👏 👏👏

「すごいね〜、よく頑張って覚えた!立派だよ〜!」

と大いに褒める。

親に対して、褒めてその能力を伸ばそうというタイプの私。

 

そして親が私に言った言葉は?

「なんだってやれば出来る人だからね〜+ドヤ顔」(笑)

 

思わず吹いたwww。2人して吹いたwww。

そーだよね、そーだよね。これだけ時間かけたからねー!という言葉を

そこはぐっと飲み込んで。

 「うん。そ〜だ、そ〜だよね。」

と笑って出来たことを褒め讃えました。(^ ^)

 

脳は使わないと衰えますぞ。筋肉と同じですな。

高齢の方たちには、機械苦手〜。スマホと携帯の違いってなに?難しいことはよく分からない〜と言う方も多い中。

新しいことに少しでも挑戦している方たちも結構多いですよね〜。

そんなやる気を持つ方たちには、スマホライフを楽しんで頂きたい!

アメリカで80歳以上の方たちもスマホ使っているし、アイパッドを使いこなしていたり、キンドルで本を読んでる人も多くて、素晴らしいなぁと尊敬の眼差しで見ちゃう☆

日本のお年寄りも負けずに、是非!電子機器を使いこなせるグランマ、グランポになって頂きたい!

ガラケーも便利ですが、スマホタブレットの方が顔を見ながら話せるので、遠く離れていても、顔の表情や怪我の具合等が目に見えるわけでメリット大です。

うちの親にも?婆ちゃん?爺ちゃんにも?使い方を教えようかな?と思ったら、

1日でも早く教えてあげてみてね☆

 

さて、親にスマホタブレットを教えるにあたり、この本を贈りました。

 

 

 

文字が大きめで分かりやすく書かれています。

ワタシが口頭で伝えても、活字で脳へインプットするのも大事だし、見直せれる確認作業にも役に立っているよう。

写真の添付の回数を増やしてしっかり記憶させた後は 、動画の添付が次の目標!

ワタシも人に教えるだけではなく、ツイッターの使い方を実践して学ばねば!

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回もまた、元気にお会いしましょ〜☆٩( ᐛ )و

 Have a nice day everyboday! 

 

いつも応援、ありがとうございます!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ポチッとして頂けると励みになります。 よろしくお願いします。^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ