飛行機内であった本当の話。

スポンサーリンク

こんにちは、bumeeshaです。

私。飛行機を眺めるのも&乗るのも、どちらも大好きです╰(*´︶`*)╯

いろんな国や地域へ訪れたことがありますが、深い記憶に残っている体験が幾つかあります。

本日は、その中の1つ。

飛行機を見る度に思い出す、とある笑い話をお伝えしたいと思います。

 

マイアミへ行くとある日。

それはそれは、もぅ旅行の楽しみでワクワク♬しながら機内へ。

席に座ってリラックス。

乗客が機内へだいたい乗ったかな?という状況。あ〜そろそろアナウンスが流れるかな?な〜んてと思い始めていました。

さて、5分経過…何もアナウンスはありません。ドアが閉まる様子はなし。

あれ?まだ乗ってないお客さんいるのかな?

すると、スマホを空港内のお店に置き忘れてきた!と客室乗務員に伝える人がいました。地上係員との連絡でスマホが届いたのも見届け、そろそろと思っていても、なかなか飛行機が動く様子が微塵も感じられないんですよね。

んー?他になにあるのかな?

そんなこんなで、出発時刻が過ぎてしまいました。

機内アナウンスでは、特に状況の説明がありません。

どれぐらい経過したが覚えていませんが、ようやくアナウンスが入りました!

おっ!ドアしまる?と思った私の期待は

「機長がいないので、飛行機が動きません。今しばらくお待ちください。」

えっ? 

    えっ? 

             えっ? 

 

機長がいない? 

   どこ行ったの〜? 

        機長〜?!

 

こんなの初めて〜ウケるんですけどー!(((o(*゚▽゚*)o)))

今でこそネタに使える!と思うものの、当時はブログのネタと思いつかなかった私。

そんなこんなで待つこと數十分?

機長現れる!

「いや〜いや〜、着いた!あっ初めました、機長のマイクです(仮名)

よろしくね、クルーのみんな!」

なんて感じで笑顔で挨拶をしているのが見える。(代わりの機長なのか否かはわからない。)

するとトイレから出てきた乗客の人に、「機長、きてくれて良かった〜」と笑顔で話しかけられ、笑いながらその場を後にコックピットへ入っていきました。

その様子をみて、いや〜面白い!

これが日本だったらきっとお詫びの連発と、イライラした客のクレームの嵐になるんだろうなぁ〜。

私はこういう明るく笑いに変え、心に余裕がある人たちが大好きですね。

まぁきっと、これがニューヨーク行きの飛行機だと、こういう笑いにはならない気もするけれど…(^^;) 

マイアミ行きだったから良かったのか?♪( ´▽`)(怒っているお客さんもいたかもしれないど。)

 

 

 

さて、コックピットに入っていった機長。

その後の機内アナウンスも素晴らしかった!

あまりハッキリ聞こえなかったけれど、「気長にお待ちいただいて感謝します。…」その後に色いろとアナウンスで言っていた。

機長側も色いろあったのね。(お疲れ様ですわ)

 

私たちはマイアミに到着後に乗り換えしなければならなかったのですが、飛行機を降りたら、斜め前に乗り換え先の搭乗口があり、地上係員の方達の素早い対応で無事乗り換え完了。

まぁ遅れたのは仕方がない。

それでも、無事に飛行してくれてありがとう機長!グッドジョブ👍

 

 

旅にハプニングはつきもの(^ ^)

この珍事件の後、飛行機に乗る度に、あぁ〜機長がいて良かった!と感謝する今日この頃。当たり前が当たり前にならいこと。大いにありますからね(笑)

みなさんも飛行機に乗られる際は、機長の確認をお忘れなく(^ ^)

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回もまた、元気にお会いしましょ〜☆٩( ᐛ )و

 Have a nice day everyboday! 

 

www.bumeesha.com

 

いつも応援、ありがとうございます!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ポチッとして頂けると励みになります。 よろしくお願いします。^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ