新生活を始めるのに、持ってきたモノ【アメリカ編】

スポンサーリンク

f:id:bumeesha:20180416013131j:plain

はてなのキーワードが新生活なので、当時の自分を振り返ってみたいと思います。(ちょっと遅い?)住む場所を変えるのって、ワクワクしますよね。

 

海外旅行が趣味だった私は何処へ行っても大丈夫だと思い、入念に下調べもせず渡米したと思います。

スーツケース1つで飛行機に搭乗+ダンボール1つを郵送(みかん箱ぐらいのサイズ)

出発前は、モノはなくてもお金さえあれば現地で買える♫と、不用品を売りまくり現金収入に集中する毎日でした。英語の勉強もロクにしてなかったような?

 

そこで実際、スーツケースとダンボールの中に何を入れていったか?

 

衣類関係:

  • カリフォルニア州は温暖だろう。だってテレビの映像では結構薄着している人が多いから♫と勝手にビジュアルの世界だけで判断。夏服ばかりを持っていった。しかし、現実は寒かった(><) 家の中が寒い。ヒーター使っても寒い。お店の中はクーラーが効いてて寒い。ヒートテックやトレーナーを、もっと持ってきたら良かった。また、湯たんぽやホッカイロが欲しい!と思った。

 

  • 現地でサイズ合わせに苦労しそうなので、下着は10〜15枚ぐいら持って行ったかな?それぐらいで足りてる。

 

 

 

衛生用品関係:

  • 生理用品。慣れたモノを使った方がいいとストックを持ってきたけれど、使いきった後に現地の品物を使ってみたら違和感なし。現在も日本の製品は割高になるので、あえて使っていない。

 

  • 耳かき。これも持ってきて良かった。近くにダイソーがないと買えない。耳かきに、100円+税以上はかけたくなーい^ ^

 

 

スキンケア関係:

  • 化粧水。カリフォルニア州は乾燥しているコトは知っていたので、2〜3本ストックで持ってきた。でも使い切った後に、同様の製品を探すのが大変だった為、断食肌に変更。逆に今では、断食肌にして良かった。

 文房具関係:

  • 電子辞書。これは持ってきて大正解!紙の辞書は重くて持ち運びが大変。また、電子辞書ならタイピングして単語を探せるので早い。超オススメ。海外旅行へ行く場合も役立つ。よく友達から、どこで買ったの?と聞かれる。

買う時は凄く高いなぁと思ったけれど、凄く役立ってるのは間違いない。

付属ペンで、画面のタッチスクリーンに入力できる点も優秀。読めない漢字を、手書き入力で答えが表示され時【神】と思った。

カシオ エクスワード XD-Zシリーズ 電子辞書 プロフェッショナルモデル 200コンテンツ収録 メタリックブラウン XD-Z20000

  • 筆記用具。ペン先が0.5mmの細いタイプが好きなので、105円で買ったロックノックが最高に使いやすく、替芯を揃えて使用中。

ゼブラ 水性ボールペン サラサ 0.5 P-JJ3-BL 青

 

 

 

大体、こんな感じだったような気がします。

日本食を持ってこなかったのが、非常に抜けていたと深く反省。

成田空港?で買った、虎屋の羊羹(おもかげ)が当時唯一の日本の味。あぁ〜食べたいなぁ。

お金さえあれば現地で買えるけれど、そもそも買い物できる店が近くになければ、悲しいことになる。(なった)

最後に、自分自身の反省を込めて:

  • 気候のチエックはしよう。
  • 住む場所の周辺に、どんな店があるかチェック。
  • 日本食の準備はしよう。
  • これじゃなきゃダメ!というものがあれば、可能な限り持ってきた方が良い。

なくても生活できるよう知恵は必要だけれど、不便な新生活はストレスになるので、その辺はしっかり下調べと準備が必要ですね^ ^ 

 

良かったら、ポチッとして頂けると励みになります。 よろしくお願いします。^ ^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング