大量の荷物のガレージ内。

スポンサーリンク

f:id:bumeesha:20180516011848j:plain

こんにちは。bumeeshaです。

アメリカで暮らしていて、様々な価値観があることや違いがあるのが普通。

文化の違いを見るのが好きです。

本日は、その中でも私が凄い!と思った消費社会の面にクローズアップしてみたいと思います☆

アメリカは大量消費の国で、たくさん買うことが良いとされている面があります。

2つ買ったら3つ目は無料のサービスも。

大量消費イコール豊かさの象徴のような感じ。

きっと私が買い物好きだったら、ラッキー☆お得だなぁ☆と嬉しくなるサービス。

でも、どことなく大量消費社会に寂しさを感じるんです。

 

衝撃の瞬間!!

とある近所のガレージを見る機会がありました。車2台が入る大きさです。

その中に、ずら〜っと積まれてる…

  • 約20個はあると思われるプラスティックの衣類箱
  • 冷蔵庫
  • サーフボード数枚
  • 工具たくさん
  • 使ってないバスケットゴール
  • 自転車数台
  • ソファ
  • 季節や室内の飾り付けに使うもの
  • 沢山の植木の鉢
  • 沢山のぬいぐるみ

などなど…。

その場にいてクラクラしました。家の中に収まらない物がこんなにあるんだー!

そんで、荷物があるため車が車庫に入らないという現状。すごいわー。

 

住む場所をかえる人が多いから、次の引越しに備えて物があるんだろうなぁと思っています。

冷蔵庫も、次の家には備え付けでなかったら必要だし、パーティーもよく開くだろうからあるんだろうなぁと察していますが…車が入らない車庫って…?

アメリカの家は広いのに…。

ここでこんまりさんが仕事依頼されたら、大忙しだと思う^ ^

 

 

 

アメリカにもミニマリストがいるので、みんなが凄い荷物の持ち主ではありません。

ですが引越し先のご近所宅や、通りで見かける戸建住宅の車庫はこういったケースが多い。

こんなに物があるのに、クリスマスやブラックフライデー等のセール時期に多くの人は買い物で忙しくなる。

 

これって凄いわー!まだモノが必要なんだー。

私からみてクラクラする量でも持ち主はなんとも思っていないので、持ち続けることにエネルギーを保てる人達なんだなぁと思ってます。

しかし私はモノがある圧力とパワーに驚き、そこから放たれる負エネルギーに疲れたので、少ないモノで暮らそうと強く心に決めた瞬間でした(ー ー;)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

次回もまた元気にお会いしましよ〜☆٩( ᐛ )و

 

Have a nice day everyboday!

 

いつも応援、ありがとうございます!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ポチッとして頂けると励みになります。 よろしくお願いします。^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング

 

☆参加中のサービス☆

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!