アメリカのトイレ事情が変わってきた。

スポンサーリンク

 

昨日は、ゲイ・プライドの話題を書いたので、今日は少しそれに関する記事を。

それは
トイレの表示でーす。

性転換や、性同一性障害の方達、服装は女性の男性(またその逆も)など、様々な方達が、生活の中で困ることの1つに外出先でのお手洗いではないでしょうか。

出先ではトイレへ行かなくても良いように水分量を控える人も中にはいて、そんな思いをしてるとは知らなかった。水分摂取は外出先では時に、大事だよー。

そこで私がカリフォルニアで実際目にした個室トイレの表示。
これって良いなぁと思ったのをご紹介します

でで〜ん!全ての性別の方用と書かれている。なんてステキなのー



終わりに。

外出先でのお手洗いって全ての人に共通するから、こういうサインは大切な配慮だと思う。なんの問題もなく利用したいものね。

このサイン見つけて、思わず拍手したい気持ちになった時、お店の人と目があったので「この表示良いね」って伝えたら笑顔だった(*゚▽゚*)

どれぐらい普及しているかは分からないけれど、レストラン、スーパーで見かけたので、これから増えてくるかもしれないですね。

個室が中に何個もあるトイレでは、この表示を見たことがないけれど、上の写真は独立型の個室トイレです。

近い将来、トイレ改革をして全ての性別、車椅子対応、オストメイト対応、子どものオムツ交換対応等、1ヶ所で全て使える独立型が増えていくと良いなぁと思いました。


ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング