アメリカで、宛名違いの郵便物を戻す方法

スポンサーリンク

先日、私たちが住んでいる住所宛に郵便物が届いたのですが、
宛名が以前住んでいたらしき?人の名前でした。
そこで今回は郵便物を、差出人へ戻す方法をご紹介します。

では、早速はじめてみましょー。


 これが、その郵便物。
fullsizeoutput_a3



書くのは簡単。
矢印を図のようにビョーンと引いて、その近くにnot at this address.と書いて、ポストへ投函するだけ。
これで郵便屋さんが、差出人の所へ戻してくれます。
手紙は本人の所へ届くのが一番なので、私はよくこの方法を使います。

私の住んでいる所のメールボックは、こんな感じ。
郵便物を受け取るのと、投函口が一体となって設置されているので、わざわざポストまで行かなくてもいい。これはラクチン

 各家、鍵を使って郵便物を取り出す 。
     
fullsizeoutput_a8
  


 郵便物の投函口。




終わりに。

以前住んでいた所は、壁にメールボックスがついてるタイプ。
戻したい郵便物をメールボックスの上に置いておけば郵便屋さんが局へ持って帰ってくれました。 その際も、not at this address.と書いてある方が、分かりやすく親切。

渡米したての頃、宛名違いの手紙をどうしたら良いのか知りませんでした。 夫に聞いて疑問は解決したけれど、日本にいたらなんてコトなくスムーズにできる対応が、国が違うと一瞬どうすれば?と思うもの。 1つ、1つ経験して学んで行こう。

 

 

ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング