カリブ海にある島、Arubaにいます。

スポンサーリンク

 

f:id:bumeesha:20180214235621j:plain

 

私は今、カリブ海にある島。 Aruba に来ていま〜す。

 

ターコイズブルーの透き通ったキレイな海、白い砂浜。そしてひろ〜い空。

オランダ自治領の島ですが、過去にイギリスの植民地だったりもしています。

詳しくはウイキペディアに書いてあるので、興味がある方はそちらをどうぞ。

 

アルバは、1年中温暖な気候ですが、風が強いところ。

年がら年中、強い風がふいています。

この風を嫌がる人もいますが、風のおかげで暑さが和らげているという利点も

あります。

また、カイトサーフィンを趣味とされる方には、とても魅力的な場所でもあります。

 

私がすごい!と思ったことは、

① 水道水は、なんと海水を汲み上げ浄化して使っている、ということ。

  ホテルの水が飲める!&おいしい!(常温でも冷やしても、美味しい)

  私は、ここでミネラルウォーターを買っていないです。

  持参したボトルに水を入れて、持ち歩いてます。

 

② トイレのフラッシングが、どこへ行っても強いためトイレットペーパーが流れな

  いという心配はいらない。

 

③  周りは海に囲まれているので、魚介類が食べれる。

 

④ キッチンが付いているアパートタイプの部屋も宿もあり、スーパーで好みの食材を

  購入して調理することもできます。

【Super Food Plaza】というオランダ系のスーパーマーケットでは、

  コーヒーやチーズ、野菜・果物も売っています。

  (USドル紙幣、クレジットカードも使えます。クレジットカードで支払いしたら

  毎度I.D.確認するので、何かしらのI.D.を持ち歩いていると良いと思います。)

 

  スーパー横には魚屋さんがあり、対面販売しています。

  買った魚を焼いてくれるサービスもあり注文できますが、有料です。

  カリフォルニアロールみたいなのや、冷凍のシーフード等も売っていました。

 

 ⑤ チェーンホテルが建っている周りのビーチは、波が穏やかで底が深くないため、

  泳ぎが苦手な人、高齢の方&小さな子も海の中に入れる感じです。

 

⑥  英語が通じて、アメリカドルが使える。スーパーでもドルで支払いたいと

  伝えると、ドルの値段を提示してくれる。

  もちろんクレジットカードも、スーパーで使える。(中には、使えない店もあると

  は思う)

 

逆に、少し残念という面。

 

① どこの観光地も同じですが、大きなチェーンホテルが海辺に建てられている。(マリオット、リッツカールトン等々)カジノも併設されて、至る所にある。

 

② 物価が高い。

 観光地特有の、物価が高い。地元で作物がなかなか育たないので、

 輸入に頼っている面も理由の1つかもしれません。

 

③ 飲食店のサービスが遅い。

 注文してからテーブルに運ばれてくるまでが、割と遅い。

 

ウェンディーズ、タコベル、マクドナルドと言ったチェーン店もあり、

 ここアメリカ?って思う。異国情緒が場所によってあまり味わえない。

 

私が残念と思う面は、個人的感想なので意見が分かれるところ。

 

少々ゴミは、草むらとかに落ちているけれど、全体的にはキレイな方だと思います。

特に衛生面。アルバでは、体調を崩していない。

水がキレイだから?又は、お店では調理するのに、手袋を使用しているからか?

理由はわかりませんが、お腹を壊していません。

(過去に、エジプトで1回、メキシコで2回、お腹を壊した経験あり)

 

今回は、ざーっとアルバに関しての印象を書きましたが、次回はもう少し違った面を

お伝えしたいと思います。

 

では、また。

 

ブログランキングに参加しています。良かったらポチッとお願いします。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング