【改良点あり】手作りトルティーヤで、フィッシュタコスを作ったよ。

スポンサーリンク

f:id:bumeesha:20180331102742j:plain

 

前回、手作りトルティーヤをアップした際、たくさんのはてなスターや、いいねを頂きました。皆さま、どうも有難うございました。m(_ _)m

こんなに沢山の反応は、ブログを始めて以来初めてだったので凄く驚きました☆

また同時に、読んで下さっている方達がいることに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

 

www.bumeesha.com

 

 

本日は、トルティーヤの作り方の改良点&フィッシュタコスの作り方をシェアしたいと思います。どうぞ、ご覧下さいませ

先ずはトルティーヤの改良点。

どこが違うかというと、生地の伸ばし方です。今回ジップロックの両端を切り、その間に生地を入れて伸ばしてみました。すると生地をはがす時にスルッいきます。

f:id:bumeesha:20180406063405j:plain

 

スルスル〜。

f:id:bumeesha:20180406063524j:plain

 

反対側もスルスル〜とはがれます。

f:id:bumeesha:20180406063613j:plain

 

こんな感じで、できました。

f:id:bumeesha:20180406064919j:plain

 

フライパンで焼きます。f:id:bumeesha:20180406065126j:plain

 

お次に、タコスの具材。魚、ガカモレとキャベツの千切りの準備。

キャベツは、ただ洗って千切りに。

ガカモレは、またシンプルにアボカド、たまねぎ、ライムと塩で味付け。

魚は活の良かったサーモンをチョイス。クミンを上にかけ、それから焼いていきます。焼き終わったら塩をふります。

f:id:bumeesha:20180406065220j:plain

 

完成。タオルの中に、トルティーヤが入ってます。

f:id:bumeesha:20180406065613j:plain

 

では早速、好きな順番でトルティーヤの上に具をのせていきます。ガカモレの上にかかってるのは、青唐辛子のタバスコ。ライムを絞りかけるの、お忘れなく☆

f:id:bumeesha:20180406065748j:plain

 

う〜ん。言葉で言い表せれないぐらい、美味しい!この味は最高です!

f:id:bumeesha:20180406065831j:plain

 

デザートにパイナップル。今回は、タヒンをかけてみました。

f:id:bumeesha:20180406104040j:plain

 

タヒンは、メキシコ料理店でよく見るカクテルグラスの淵に、こうしてついてます。また、サラダや鶏肉料理などにも使われる、ライム&唐辛子の有名なシーズニング。f:id:bumeesha:20180406104132j:plain

 

とーっても美味しいフィッシュタコスを食べられて、大満足です。トルティーヤは、やっぱり自分で作った方がいいと再認識しました。

タコスを4つ食べたら、お腹いーっぱいに。

私はやはり、フラワートルティーヤより、コーントルティーヤの方が好きな味ですね。

理由は:

  • 味がいい。
  • 発酵する必要がない。
  • バターやラード等の油が不要なのでヘルシー。
  • 昔からメキシコで食べられているのはコーントルティーヤ

 

もし機会があれば、試していただきたい1品。

みなさんのトルティーヤ&タコス作りの参考になると、嬉しいです。

 

では、また。

 

ブログランキングに参加しています。

良かったら、ポチッとして頂けると励みになります。 よろしくお願いします。^ ^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング